リバーsup研修会2日目

研修2日目、この日も吉井川へ

前日とは違うスタートとゴールを設定し距離も長めに10キロほど下ります

 

先頭のガイド役を順番代わりながら進んでいきます

川の難しいところは流れがある事(当たり前だけど)です小さい瀬を超えていく時もどのルートで行けば安全で下りやすいのか、それを止まってじっくり流れを見て考えるのではなく、瀬にどんどん流れていきながら見て素早く判断しなければいけない、状況判断で考える時間が限られている事が一番難しく感じました


いざ自分が先頭で下る番になった時も左右2つのルートが見える、どっちも通れそうだけどどっちが良いのか考えているうちに分岐点は近づいてくる、悩みすぎてもう右しかいけないので右に実際にはどちらでも安全に下れるみたいでしたが判断が遅くなったので近い方の右ルートへ

 

判断が遅くなった結果水中の大きめの岩の近くを通ることになりヒヤヒヤでした

何処が安全で尚且つ流れも素直な場所かの判断は経験値がないとどうにもならないと感じました

 

周防大島のから比較的近い岩国に錦川があります、ここでリバーsupのツアーを考えています何度か実際に行って下って少しでも経験を積んでツアーに繋げていけたらと思っています

 

新しいことに挑戦するのは難しくも楽しいことです。