newレースボード到着

もう二ヶ月目のことですがsup-oshimaに新しいレースボードがきました

SICと言うメーカーのRSと言うモデル長さが14ft(約4m20)幅が23in(約58cm)と言うものです、これまで乗っていたのは10年くらい前の中古を譲っていただいたものでした、14ftの26inと言うサイズ

 

新しいレースボード
左の赤がnewレースボード 右の黄色がこれまで使っていたもの

写真を見てもらえば分かりますが10年前と最新ではデザイン、形状が大きく違います

赤のほうが先端部分の厚みがあり、人が立つ場所が少しくぼんでいます、より低い位置に立つことで重心の位置も下がり安定すると言うもの。

 

黄色のボードはこうして見ると薄い板に乗ってるみたいですね、この黄色もすごくいいボードなんですけどね

 

sup自体が日本に入ってきて20〜30年です、歴史のあるスポーツではなくこれから発展していくスポーツなので道具の進化も目覚ましい

 

今回購入にあたり一番悩んだのはボードの幅、最近のボード幅はどんどん狭くなっていますレースに出ているトップ選手になると21㌅前後のものに乗っています、自分達はレースも出ますがレース以外も楽しみたいので細すぎないけど、レースでも早く漕げる幅を考えていました

 

今回は妻がメインで乗る物になります、同じ板でも身長や体重によって安定感が変わってきます、私はずっと26㌅に乗ってそれに慣れていたのと実際のレースで風やうねりのある状況をい漕いだときに26㌅の幅でも落水したりバランスを崩したりと言うことがあったのでこれ以上細い幅はしんどいなと思っていて自分がレースボードを買い換えるなら26㌅にしようと思っていました

 

実際にnewボードに乗ってみて3㌅約9センチも幅が狭いとは思えないくらいの安定感がありスピードも出る

横からのうねりの中では慣れていないこともあってグラつく事もありますがここは練習あるのみ

 

自分が最新の物に乗る機会がなくて新しい物の乗り味、安定感知らずにいたことを反省しました、道具の進化は素晴らしいまた2〜3年もすれば新しい技術で乗りやすいものが生まれてくると思うので道具の進化に自分もついていけるようにしなければ

 

レースボードに乗って見たい方はそんな機会も作りますので是非体感してください